泣くことは1番のストレス発散方法と言われていますが、泣いた後の目の腫れのストレスはそれ以上のストレスにもなりえますよね。

仕事がある、学校がある、友達と遊ぶ約束がある、次の日に大事な予定がある時に限って、前の日の夜に泣いちゃって。

「あー明日どうしよう」

と悩む人も多いはず!

そこで今回は、目が腫れない方法と泣いた次の日の腫れた目を治す方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

なぜ目は腫れる?

目が腫れる理由は主に2つのパターンが考えられます。

  • 泣いた時にこすりすぎ
  • 涙の塩分でむくんでいる

例えば、ドラマなどで女優さんがポロポロ流すような涙では、ほとんどの場合目は腫れません 。

泣いた時に目をこすったり拭ったりすることで、目やまぶたに負担がかかり腫れるそうです。

また、涙の塩分が目元についてその塩分と涙を拭うことの刺激で腫れるとも言われています。

スポンサーリンク

目が腫れない方法

目が腫れる理由を知ったところで、目が腫れないようにする対策は、なんとなく思いつきますよね?

女優さんのように、流しっぱなしにできれば、かなりの瞼の腫れを軽減できますが、まぁまず厳しいですよね・・・

まぶたを触らない

まず気をつけなければいけないのは、目をこすらないこととなるべく優しく涙を拭くこと。

また柔らかいティッシュやフワフワのタオルなどを使って、涙だけをトントントンと拭くのが良いです。

目はとても繊細で少しの刺激で腫れる可能性があるので、目を拭くときは意識して拭いてくださいね。

スポンサーリンク

涙を堪えない

泣いているときに、涙がこぼれないようにと我慢すると、組織液の流れを止めてしまいます。

流れが止まることで、目や瞼が腫れる原因になりますので、涙は堪えないで流してしまった方が良いそうです。

お風呂に入る

お風呂にはいることで気持ちもリラックスできるし、血行の促進にも繋がるので、お湯に浸かるのがおすすめ。

血行が促進することで次の日のむくみや腫れを抑えてくれます。

スポンサーリンク

枕を高めにして寝る

泣いた後に寝る場合は、枕を高くして仰向けで寝ること。

まぶたや顔に溜まった水分などが、下へ流れるため組織液がまぶたにたまるのを阻止してくれます。

うつ伏せで寝てしまうと顔の方に水分がたまり、余計にまぶたが腫れる原因になります。

腫れた目を治す方法

正直、拭いても拭かなくても腫れるときは腫れるし、腫れないときは腫れません。

もちろん、目が腫れないように対策をすることは大事ですが、涙を思いっきり流すことも大事なことです。

なので、下記では泣いてしまった時の目の腫れを治す方法を紹介します。

スポンサーリンク

目を冷やしたり温めたりする

目を冷やしたり温めたりすることで血行をうながし、炎症を抑える働きをしてくれます。

冷たいタオルと、レンジで温めたタオルを目の上に交互にのせるだけ。

また温かいタオルが冷めたら、その都度レンジで温めるとより効果的です。

紅茶で目を冷やす

泣いた日は気持ちをリラックスさせるために紅茶を飲んで、その後のティーバッグを冷蔵庫へ

冷えたティーバッグをまぶたの上に5〜10分置くと、少しづつ目の腫れが治っていきます。

紅茶に入っている成分が目の腫れを抑えてくれるのだとか。

スプーンで目をマッサージする

少し大きめのスプーンや、カレーなどを食べるようなスプーンを冷蔵庫や氷水で冷やし、スプーンの山になっている方で、目頭から目尻の方へ優しくスライドさせてマッサージ。

寝る前にスプーンを冷蔵庫に入れておいて朝マッサージしてみてくださいね。

まとめ

目が腫れない方法と泣いた次の日の腫れた目を治す方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

まずは、泣くときはこすらない!

そして、お風呂に浸かって紅茶を飲んで、紅茶を冷やして朝、目に当てる。

また、目のマッサージをしたり、温めたりするのも効果的!

泣くことはストレスの発散にとても良いことですが、その後のまぶたや目のケアを忘れずにしてくださいね。