風邪が流行っている時期や冬などは、鼻の下のカサカサや乾燥・肌荒れがひどくなりますよね。

また、化粧をするときに肌がカサカサに見える原因にもなってしまいます。

女性なら誰しもきになる部分ではあると思うので、鼻の下のカサカサや乾燥を治す方法と化粧するときの注意点を紹介していきます。

また、記事の後半では便利グッズも紹介しているので併せてチェックしてください。

スポンサーリンク

鼻の下のカサカサや乾燥

特に鼻の下のカサカサは見栄えも悪くなるし、気になるところです。

鼻の下がカサカサになる主な原因は

  • 口を拭いたときに一緒にこする
  • 鼻のかみすぎ

などの皮膚への刺激が原因です。

鼻の下のカサカサや乾燥は無理に剥がしたり爪でこすったりするのは良くありません。

悪化すると同時に肌への負担も大きくなってしまいます。

 

カサカサを治す方法

カサカサを治す一番のおすすめは保湿です。

保湿をして治す方法は

  • リップを塗る
  • ワセリンを塗る
  • ティッシュを変える

などがあります。

スポンサーリンク

リップを塗る

女性ならひとつは持っているのではないでしょうか?

口に塗るリップクリーム。

リップクリームは唇の乾燥を治すために使われますが、鼻の下のカサカサを治すのにもオススメです。

普段使っているリップクリームを手に取り鼻の下に塗るのも良いですし、鼻専用のリップクリームを携帯するのもOK。

リップクリームは保湿効果が高いのでとてもおすすめです。

 

ワセリンを塗る

ワセリンは唇に塗ったり肌荒れを治すのによく使われます。

リップクリーム代わりにワセリンを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか?

リップクリームを鼻の下に塗るのはちょっと・・・と抵抗がある方はワセリンを塗るのがおすすめ!

また携帯用の小さいワセリンもあるので持ち運びにも便利です。

スポンサーリンク

ティッシュを変える

鼻水を拭くときや口を拭く時は肌にダメージが少ない、柔らかティッシュを使ってください。

柔らかティッシュは、鼻の下のカサカサ予防にも最適です!

特に風邪をひいて鼻水が止まらないときは、柔らかティッシュを使用し、鼻の下のカサカサ予防を。

また、泣きすぎて目を拭くときも、そのポケットティッシュがあれば、目の負担も和らぎます。

ドラッグストアーはもちろん、コンビニなどでも柔らかポケットティッシュは買えるので、常に常備しておくと良いですね。

 

保湿をする

唇パックや鼻の下のカサカサを治す時に使える保湿方法をご紹介します。

  1. 洗顔をした後は化粧水・乳液をたっぷり塗る
  2. 特に気になる場所には保湿クリームやワセリン・リップクリームなどを塗る
  3. 鼻の下から口までラップをつける
  4. レンジで温めた蒸しタオルを乗せる
  5. 蒸しタオルを何回か変え繰り返す

 

これを何日か繰り返すだけで鼻の下のカサカサや乾燥などを治すことができます。

また、ホットタオルは同時に顔に乗せると顔の保湿にもなるので一石二鳥。

日頃の肌ケアとしても使える保湿方法なので、気が向いた時は行ってくださいね。

スポンサーリンク

化粧するときの注意点

化粧をするときカサカサの状態だと、鼻がカサカサなのが目立ってしまいますので注意してください。

化粧をしないのが本当は一番良い方法ですが、仕事があったりデートがあるとそうもいきませんよね。

化粧をする場合は、化粧水・乳液などを普段よりたっぷり塗って、肌を保湿すること!

ファンデーションを塗る時は、必ず肌の保湿をした後に。

保湿の目安は、手のひらを頬につけたときに吸い付くくらいの、ペタペタする感じくらいまでたっぷり塗ってください。

それでも、カサカサが目立つ場合は日中用化粧水をマメに吹きかけるのが良いです。

 

カサカサを治すグッズ

普段から保湿を心がけようと思っている方は、乾燥を防ぐための、化粧水やミスト、保湿クリームなどを使ってみてください。

スポンサーリンク

保湿ミスト

常に保湿という意味では、携帯ミストがおすすめ。

化粧の上からできるものや、コンパクトなものまで様々なものがあります。

自分の肌にあった保湿ミストを探してみてくださいね。

 

保湿クリーム

保湿クリームを鼻の下や気になる部分に塗るのもおすすめ。

敏感肌の方にも使える保湿クリームも販売しているので、肌があれている場合は敏感肌用を購入してくださいね。

 

補足

普段からどうしてもカサカサがひどい場合は皮膚科に行ってみましょう。

肌トラブルは自分で治すことができない場合もありますし、アレルギーの場合もあります。

いろいろ試しても、治らない場合は皮膚科に相談してみてください。

 

まとめ

鼻の下のカサカサを治す方法は、保湿が大事ということでした。

また化粧をするときの注意点は、保湿をしてから化粧をする。

化粧をした後にもミストなどで更に保湿するのが良いそうです。

女性なら肌は誰しも気になる部分ではあると思うので、まずは保湿やスキンケアに注意してカサカサを治すようにしていきましょう。